今では好物?

ドロちんが家に来たばかりの頃、天井のハエを見上げて固まったまま動けなくなったという事があった。
先日、また見上げて固まっているので、「?」と思ってその視線を辿ると、やっぱりいた・・・
a0053598_2134769.jpg

               見上げているが震えてはいない
a0053598_2151545.jpg

              いたいた、季節はずれの大きなハエ



            以前との違いは、怯えなくなっただけではない
 


         じーーーーーーーーーーーーーーっと見上げて、途中で


                       ゴックン・・・・・・



                 と、唾を飲み込む音がするのだ
[PR]

by bibiri-20 | 2006-01-31 21:13

お宝画像

a0053598_2051930.jpg

前後の脈絡なく唐突に出てきたこの画像は、ドロシーが保護される前の画像です。
生後2ヶ月ぐらいでしょうか。
ドロシー預かりさんだったshimaママの日記の一番最初の画像だった。
この廃車の下で生まれて、保護されるまで人間を見た事もなく、発見されなければもうとっくにこの世にはいなかったかもしれない小さな命だった。
運良く発見されて、さらに、餌につられて一番に外に出てきたという、食い意地と重なる運の良さのおかげで今のドロちんがあるのだ。
a0053598_2114251.jpg

             怖いものがあるとはとうてい思えぬ画像

後日談:いつかフリマでドロちんを保護して下さったという若い男性スタッフとお会いして、大変に感激し、よくお礼を申し上げた。  し、しかし・・・・ドロちんの一番苦手なタイプだった・・・・・(笑)
              ドロちんや、恩は忘れちゃいかん。
[PR]

by bibiri-20 | 2006-01-27 21:46

去年の話です・・・

毎年12月25日はここの菅原神社、通称「お天神さん」のだるま市の日だ
だからつまり昨年の画像な訳です
夜、こんなに賑やかな場所に出かけたのは、ドロちん史上、多分始めて・・・だと思う。
神社とお寺が隣り合っていて、縁日が出るのは神社の境内
境内の一番奥のこの場所にたどり着くのに、大変な人、人、人、
その中を人にもまれながら、時におじさんに「がんばれよ」と背中をポンポンされつつ、それでもドロちんは果敢に歩いて行った。
a0053598_15495760.jpg

                ぶ・・ぶたたまやき・・・・・だって

お父さんがお賽銭をあげて鈴をじゃらじゃらし終わったら、今度は隣のお寺の境内へ
ここでだるまと、お正月の飾りを買うのだ。
こちらは人はそれほどいないけれど、あちこちで三本締めの威勢の良い声が聞こえてくる
a0053598_15572493.jpg

               大事なしっぽはいつもの場所に格納
 
[PR]

by bibiri-20 | 2006-01-21 16:04

駅伝応援風景

a0053598_1144486.jpg

ドロちんをつないである門のすぐ外を駅伝が通過していく。
門の外の歩道は大変な人だかり、むかいがわの歩道には某大学のピンクの登旗や横断幕、ピンクのパーカーと大声援、国道は選手以外に何台も中継車や大学の車両、パトカー、白バイがジャンジャン走っていく。上空にはヘリが旋回中
その騒ぎの中、ここにこうして座っているだけでもえらいこっちゃなのだ。
すごい進歩なのだ。
chinatuが駅伝の応援そっちのけでドロちんの応援に回るのも当然なのだ。
[PR]

by bibiri-20 | 2006-01-12 11:59

ご無沙汰で、そして謹賀新年

この私めにお年賀状や年賀メールを下さった皆様、時々ブログを覗いて見てくださった皆様、
今ごろあけましておめでとうございます
我が家は商売柄(旅館業)、年末年始は毎度のことながら上を下への大騒ぎのうちに過ぎて行く。
箱根駅伝は家の前を通過するので、復路が通過する3日の9時半までは何やかやと忙しい事この上ないのである。
5日、6日あたりで漸く一段落したような気がしたのもつかの間、最初の異変はドロちんに起きた。6日の朝、お店のフロントのお気に入りの場所でなぜか、吐いたのだ
「あらー、変ねェ」と(私が)言いつつきれいに(夫が)片付け終わった(笑)その5分後、息子が口を押さえて自宅に駆け戻っていった・・・・・吐いたのか・・・・・
その6時間後、今度は私の胃が突然に停止した・・としか表現できないんですが。
頭痛と胃痛をこらえて、なんとかドロちんの散歩には行ったが、夜に夫の胃が停止・・・・・
翌朝は夫がこらえつつ散歩に行ってくれたが、それっきり夜まで家中停止・・・・
その翌朝は、私が先に少し回復して11時頃散歩に行ったが、帰ってきてそのままソファに倒れこんでしばし動けませんでした。
画像は其の時のもの。真ん中の着膨れ?履きぶくれ?の足が私。ズボンを二枚履いてるからね、こんななのね。
夫は朝、店の様子を見てすぐ帰って来てそのまま動けず。
あ、ドロちんが吐いたのは別に病気ではなくて、たまたま、だったらしいです。
ご心配なく♪実に元気にしていますが、私たちが停止していた間は大変に良い子にしていてくれました。
a0053598_21361040.jpg

                      一家全滅画像
[PR]

by bibiri-20 | 2006-01-10 21:37