びっくりしたねぇ~~

お、おかあさ~ん、これ・・・なんだろうねェ・・・・・

ドロ、おもいっきりびっくりしちゃったァ♪ あははは

あらら、ご近所でいただいたんだわ!

これはね、「とうがん」っていうのよ、でもおおきいね~~♪



                  びっくりしても、こしぬけなくなったよ
a0053598_11312520.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-25 11:30

夕食はここ

泊まったペンションはB&B(ベッド&ブレックファースト)だったので、ペットもOKのレストランを色々教えてくれて、これは却ってラッキーかも。
私たちは、柳生さんの八ヶ岳倶楽部に行くことにしました。
この日はちょうどバンドが入っていて、メニューもコンサートの特別お得なメニューで大変ラッキーでした。母は、取り敢えずの生♪一杯とコンサートですっかり盛り上がってお替り!でゴクラク気分となり、お料理の写真は撮り忘れましたァ
我が夫は、一滴もアルコールは飲めません。ですからどこに行っても運転の心配はまったくないのですが、1人で盛り上がれるようになるのには、やはり時間と訓練が必要でした・・・・・・
なーんて、心配なく飲めるんだからそんなこと言ってられないっす。感謝、感謝!



                 ごきげんな母に呆れるお二方
a0053598_11291346.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-18 11:28

ペンションにお泊りに行きました♪

ドロシーは、生まれて初めてペンションというところに泊まりました。

今まではどこかにおでかけをすると、ごはんはもちろん、お水も一滴も飲めなくて、

家に帰ってからやっと食事したりお水をたくさん飲んでいましたので、出発前はかなり

心配でした。二日間も何も口に出来ずにいたらどうなるんだろう?・・・・・って

とーころが、そんなのは全くの杞憂におわったのです~~~~

お部屋に通されて、まずドロシーのベッドを作ってあげました。

母のベッドの横に、いつも家で使っているタオルを使ったのが正解だったようです。

すぐにそこを自分のベッドとちゃんと理解して、お部屋の中で水もフードもいつもどおりに

しっかりとる事ができました♪

去年では、きっとまだ無理だったでしょう。2年経とうとしている、今年だから出来たんですね

一緒にどこかに泊まりに行く事なんて、まだまだずーーーーっと先の事だと思っていましたが

夜も、母の横ですっかり安心したようにぐっすり寝ていました。

ペンションのオーナーさんにも、たくさん誉めていただいて、父も母も鼻高々でした。

二日間、良い子のしっぱなしでさすがに疲れたドロちんは、家に帰るなりずーーっと寝ています。




              ここ、ちょっとせまいけど、とっても落ち着くのよ
a0053598_11264445.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-18 11:25

複雑なの・・・

あこがれの、夢の、心弾む、そう、そのお散歩に行くのです。

別に10年ぶりに行くってわけじゃない、毎日朝も夕方も行くのです。

だけど、玄関でお母さんが出てくるのを待っていると、嬉しすぎて(怖すぎて)コワしょんが


出ちゃうんです。

ちょっと困るので、玄関から出てもらって、階段に下りるドアの前で座っていると、心が

弾みすぎて(怖すぎて)やっぱり


出ちゃうんです。

それもちょっと困るので、階段の踊場で待っててもらうと、あら不思議♪そこでは絶対に



出ないんです。
こんな風に壁の角にぴったりはまりこんで、顔にぐっと力を入れてひたすら


待つんです。

ドロちん、我が家にやって来てまもなく2年。素晴らしい進歩をとげました。

我が家の自慢の末っ子です。
a0053598_11202944.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-14 11:19

出前でご飯

夕方の散歩でいつものコースの帰り道、いつもの海岸をドロちんとぶらぶら歩いてくると

何しろ、時は夏休みの真っ只中、前方で中学生の男の子たちがロケット花火をやっている。

「うーーむ、まずいな、戻るべきか否か・・・」

しかし、すでにドロちんはびびりモードに入っていて、いまさら長い距離を戻る余裕はない。

10mも走り抜ければもう家はすぐだし・・・・よし、強行突破だ。走るよ、ドロシー号!

砂浜をよろよろと、ロケット花火の音を背中に聞きつつ、無事に家に駆け込んだ!

はあ~~~~~無事だったァ~~~~

ソファーのシェルターに飛び込んだドロちんは、そこで荒い息をしたまま、動けない。

ご飯の時間になったが、まったく出てこられないから、水も飲めないでいる。

かわいそうだから、出前してあげちゃうね。

しばらくしたら、恐る恐る足を一本ずつ下におろして、2本まで下ろしたところではい、ごはん。

出前までして食べて欲しかったごはんには、実はお薬がまぜてあるのよね。

昨日、なんだかいつもより長いことお尻をなめているので、何気に見たら、なんと、

シーが、ポトッ、ポトッ、って、ちょうど壊れた蛇口みたいに落ちているではないか!

びっくりして病院に連れて行って、エコーで見てもらったら、ほんのわずかではあるけど

膀胱のふちが強調されて写っていることはいる、とのこと。たいした事はないようで、ホッ♪

フィラリアのお薬はかなり好き(?)らしいが、消炎剤と抗生剤は匂いだけでもう、ダメ(悲)

なので、砕いて粉にして、ドライフードに缶詰のお肉に、牛乳少しにお水も入れてみたら

よく食べてくれたので、一安心。

あーーあ、お疲れ様でした。夏はまだまだ終わらないねェ・・・・・・・・
a0053598_1123349.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-07 11:01

暑気払いの目配せ

・・・・・・・・って、タイトルで全部言い終わりました・・・・・・・母



「あーーーーもう びっくりして、すっ飛んだッス」・・・・暑気



暑さでやられてますので、意味不明な日記でごめんなしゃい・・・・・どろ
a0053598_10541884.jpg

[PR]

by bibiri-20 | 2005-08-05 10:53